ワクチンを接種してもらう男の子

インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類があり、どれもインフルエンザですが少し症状が違います。どのインフルエンザの種類が広まっているのかが厚生労働省の発表で分かるので、それによってワクチンが大量に製造されます。

インフルエンザA型とB型の2016年11月記事一覧

  • 幼児の発症率が高いインフルエンザ脳症

    インフルエンザは、感染後2日前後の潜伏期間を経て発症後急激なスピードで増殖する為、突然の38度を超える発熱や関節痛、筋肉痛などの全身症状が発症し、特に1歳~5歳の幼児は痙攣や意識障害、異常行動などの神経症状が発現するイン…続きを読む